SD9 Test Images

モアレが出るパターン。 青がきついパターン。PLとか使ってないのに。。。 雪とキャベツと紅葉と。下の方の葉っぱに妙な縁取りが。
20-40mm/F2.8 100-300mm/F4 20-40mm/F2.8
注3) crwによって現像した画像
注4) 2/16/2003版(rev.1.96)のcrwによって現像した画像

注1)こちらのページの画像は1Mbyte以上あります。

注2)上の段の画像はShigmaPhotoProで現像したもの(Auto)です。

注3)Dave Coffin氏によるRaw Digital Photo Decoding in Linuxにある各種デジタルカメラ用のrawデータデコードツール(crw.c)を使って、8bit PPMへ変換、filegimp(ver. 0.15)で16bit/channelに変換して、RGBのレベルをそろえ(white balanceの代わり)、jpeg出力したもの。crwは16bit PPM出力も可能ですが、手持ちのツールで16bit PPMをうまく扱えていないので、8bit PPMを使いました。

色のバランスは完全ではないですが、背景の空の色が飽和していない(赤レベルがゼロにならない)ことと、シャープネスがSigmaPhotoProのものと違うことが分かると思います。

色の飽和をRGBのレベルだけで議論するのは無理があるようですので、それぞれの画像の左上の空の部分横200dotをgimpのツールでHSV分解したグラフを作成しました。縦軸が入っていないので分かりにくいですがスケールは同じです。SigmaPhotoProで現像したものは彩度(Green Sat.)がほぼ100%の所に張り付いています。(2/6追記)

SigmaPhotoProにより現像したもの(上)を解析 crwにより現像したもの(下)を解析

注4)Dave Coffin氏からSD9のRAW画像の現像を大きく改良したcrw.cが出来たので試してほしいとのメールを頂きました。早速試したのがこの画像です。今回のversionでは、SigmaPhotoProと同様に空の色が飽和してしまいました。Foveonの色の飽和の問題はまた振出しに戻った感があります。

カラーバランスの取り方を試行錯誤しているので、前回と色のバランスが違っています。前回のcrw.cを間違って消してしまったので同じ方法でバランスを取れないのが残念です。(2/17追記)

戻る


Yukito FURUKAWA
Last modified: Mon Feb 17 21:33:07 JST 2003